キャンプギア

DODのワンタッチテントをバイクでのキャンプツーリング用に欲しい!

キャンプのテント

今、私は猛烈にワンタッチテントが欲しいのです!

 

 

 

現在持っているテントは、ノーブランドの組み立て式テント2つなんですけど、1つは大き過ぎてバイクでは持って行けません。

 

 

もう1つは、いつものソロキャンプで使っている2000円のテント、こっちはそれなりに小さくなるのでキャンツーにも適しているんですけど。

 

 

 

それでも、やっぱりキャンプツーリング用にワンタッチテントが欲しくなってしまいました(笑)

 

 

そして数あるアウトドアメーカーの中でも、DODのワンタッチテントが欲しいんです!

 

 

スポンサーリンク

 

DODのワンタッチテントをバイクでのキャンプツーリング用に欲しい!

 

 

まず、何でDODのワンタッチテントが欲しいのかと言うと、僕は何故かワンタッチテント=DODのイメージがあるんですよ。

 

 

たぶん、周りのライダーがDODのワンタッチテントを使っているからだと思うんですけど。

 

 

 

そして正直言うと、僕はワンタッチテントは使っている人には大変失礼な話しですが、今までワンタッチテントはちょっと甘えな感じがしてました(^▽^;)

 

 

でも今回ワンタッチテントが欲しくなった理由は、バイクで初キャンプツーリングをした事がかなり大きいです。

 

 

バイクで初めてキャンプツーリングをして感じたのは、車よりも疲れが出やすいバイクでのキャンプは設営が楽な方がいいなと。

 

 

 

今使っているソロ用テントもコンパクトになって、バイクで持って行く分には全然いいんですけど、組み立て式なのでやっぱり面倒な所はあります。

 

 

そして今後、僕はいつか日本中をドラッグスターに乗って行ってみたいと思っているので、ロングツーリングとなれば尚更設営は楽なワンタッチテントがいいんですよね!

 

 

 

僕が欲しいワンタッチテントに求めている条件は、

 

 

 

・なるべく小型だけど、テント内は圧迫感のない広さがある

 

 

・収納がコンパクト

 

 

・軽量(バイクだと重要)

 

 

 

この3つになります。

 

 

 

そして数あるキャンプメーカーの中でも、DODのワンタッチテントはソロ用でも僕が求めているワンタッチテントがあるので、今かな~り悩んでいます!

 

 

スポンサーリンク

DODのワンタッチテントT2-629-BG

 

 

DODのワンタッチテントでも、真っ先に候補に挙がったのは、T2-629-BGというワンタッチテントです。

 

 

t2_629_bg_top_image

(出典:DOD公式サイトより)

 

 

 

このワンタッチテントは、僕が見ているキャンプツーリング動画を上げているライダーが使っていたので、以前から知っていました。

 

 

何より設営撤収が非常に楽そうで、ずっと気にはなっていました!

 

 

重さは約3㎏で、収納時の大きさはW70×D19×H19で、正直ちょっと長さがありますけど、これぐらいの長さならキャンピングシートバッグ2には入りそうだなと思っています。

 

 

 

テントの大きさも大体1人~2人用に設計されていて、ソロで使えば充分な広さが確保されていますね。

 

 

いくらソロ用でも、あまり中が狭いとそれはそれでストレスになりますし!

 

 

 

特に今後ロングツーリングをするなら、しっかりと疲れが取れるテントは大事になってきます。

 

 

 

 

ただ、こちらのワンタッチテントで気になっている所もあります。

 

 

 

耐水性ですね!

 

 

 

テントの耐水性はかなり重要です。

 

 

雨や夜露で、テント内が浸水したらかなりテンション下がりますからね。

 

 

 

フライシートがあるダブルウォールのテントではないので、ちょっと雨が降った時が心配ではあります。

 

 

 

でもそれ以外はデザインも個人的に好きで、何より価格もリーズナブルなのが大変有難いです!

 

 

DOD公式サイトで紹介されている設営動画でも、凄く簡単に設営が出来るので非常に気になっているテントですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DODのワンタッチテント、ライダーズバイクインテント

 

 

もう1つDODのワンタッチテントで気になっているのが、このライダーズバイクインテント!

 

 

 

ライダーズバイクインテント

(出典:DOD公式サイトより)

 

 

 

キャンパーの間では、DODというキャンプメーカーは奇抜なキャンプギアが多いというのは有名なんですけど、まさかバイク事テントに泊まれるようにするなんて凄い発想ですよね(笑)

 

 

 

しかもワンタッチテントでそれをやろうとするんですから、流石DODです!

 

 

収納時の大きさは、W58×D20×H20で先に紹介したワンタッチテントより、少し長さが抑えられていますね。

 

 

 

 

それで、こちらのワンタッチテント凄くいいなと思ったのが、勿論バイクをキャノピーの下に停車出来るのもいいんですけど、そこ自体が大きな前室になっている事ですね!

 

 

 

テントがあり、その前に大きな前室があって、さらにバイク用のキャノピーを伸ばせばタープ要らずで、ワンタッチテントだけで非常に広々とした空間を確保出来ます。

 

 

 

 

タープが要らないという事は、それだけでも結構荷物を減らせるのでバイクでのキャンプツーリングには有難いです♪

 

 

 

しかもグランドシートとポールまで付属しています!

 

 

 

となれば、グランドシートもポールも持って行かなくていいんですよね。

 

 

 

 

正直このワンタッチテントを知った時から、凄い悩み出してこっちにしようかめちゃくちゃ迷っています(笑)

 

 

 

 

ただ、やはりこちらのワンタッチテントも気になる点があります。

 

 

 

1つは重さが5㎏で、先程紹介したT2-629-BGよりもちょっと重たいんですよね。

 

 

 

荷物減らせても、テント自体の重量アップであまり変わらない可能性があります。

 

 

 

そしてもう1つ、これは気になる事というより予算的な事なんですけど、ちょっとお高いんですよ(;´∀`)

 

 

 

まあ、テントにこれだけの性能を持たせるとなると、致し方ない所なんだと思います。

 

 

 

でもこのライダーズバイクインテント欲しい!

 

 

 

 

 

 

 

DODのワンタッチテントをバイクでのキャンプツーリング用に欲しいまとめ

 

 

DODから出されているワンタッチテント、どっちも魅力的で悩みます。

 

 

お財布的には前者のワンタッチテント一択なんですけど、ライダーズバイクインテントもあの前室の広さが凄くいいんですよね!

 

 

 

これは、もうしばらく悩みそうです(笑)

 

 

今までテントには、あまり拘りがなかった僕ですが、まさかワンタッチテントにこんなに悩まされる日が来るとは!

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報