キャンプギア

4×4DDタープに3×3ワンタッチタープ用の蚊帳を張ってみた結果!

DDタープの張り方

 

 

前回の記事で、夏キャンプこそタープ泊で無骨なキャンプを!と熱く語ってた僕ですが、

 

虫は大の苦手です!

 

タープ泊最大の欠点は、虫の侵入なんですよね。

 

 

流石にキャンプをしていると、虫にも多少は慣れてきますが、寝ている最中はやっぱり怖いっすよ(;´∀`)

 

 

そこで僕が愛用している、DDタープにワンタッチタープ用の蚊帳を張ってみたら虫除けになるんじゃ?と思い1度試してきました。

 

果たして上手くいったんでしょうかね~

 

 

前回の記事はこちら

 

 

夏のソロキャンプならテントいらない!DDタープ1つで無骨な野営気分を味わえ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

DDタープとワンタッチタープの違い

 

 

まず最初になんですがDDタープとワンタッチタープは、全く性質の異なるタープになるので簡単に説明しますね。

 

 

DDタープはイギリスのDDハンモックスというメーカーが作っているタープで、日本ではDDハンモックスJAPANが正規販売しています。

 

DDタープの1番の特徴は、とにかく自由度が非常に高い事ですね!

 

 

こういう具合にムササビのような感じで張る事も出来たり、

 

 

 

DDタープの張り方 (1)

 

 

 

寝床と屋根が一体になった、ビークフライという張り方など

 

 

 

DDタープの張り方 (3)

 

 

 

色々な張り方をする事が出来ます。

 

 

形は正方形と長方形があり、ロープを通すルーフの数も多めに装着されています。

 

特に他のタープにないのが、タープの真ん中にもルーフが付いている所ですね!

 

 

この真ん中に付いているルーフが何気に有難くて、少し狭いなと思えば後ろにポールをかまして引っ張る事も出来たり、

 

 

 

DDタープの張り方 (6)

 

 

 

 

こういう具合にロープを通して、ハンモックの様に気に吊るして使う事も出来ます。

 

 

 

DDタープの張り方 (8)

 

 

 

正に無骨なキャンプに持って来いのタープがDDタープで、多くのソロキャンパーも使っているタープですね。

 

 

一方のワンタッチタープは、骨組みが出来てしまっているので自由度こそないものの、組み立て撤収が簡単なタープです。

 

 

 

 

ワンタッチタープ1

 

 

 

 

 

ソロキャンプよりは、ファミリーキャンプやグループキャンプ向きですね!

 

重いのと嵩張るのが難点ですが、さっさと設営したい時は非常に有難いタープでもあります。

 

 

 

そしてワンタッチタープには、専用のメッシュシート(蚊帳)が別売で売られているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これをワンタッチタープの周囲に張れば、虫対策にもなるし、多少のプライベート空間にもなります。

 

 

そこで今回やってみたのは、このワンタッチタープの蚊帳を張り方次第ではDDタープに付けれるのでは?と思いやってみたんですよ!

 

 

 

スポンサーリンク

DDタープにワンタッチタープの蚊帳を付けてみた

 

 

それでは、早速DDタープにワンタッチタープの蚊帳を取り付けた模様をお伝えします。

 

 

 

 

DDタープにも色々なサイズがありますが、今回使ったDDタープはほぼ最大サイズの4×4DDタープです。

 

そしてワンタッチタープの蚊帳は、3×3用ワンタッチタープの蚊帳になります。

 

 

 

 

つまり蚊帳の方が小さいです!

 

 

そしてDDタープの張り方は、ダイヤモンド張りという張り方になります。

 

 

 

タープ泊 (2)

 

 

 

 

何故この張り方を選んだかというと、DDタープの張り方でもかなりオープンな張り方だからです!

 

 

 

つまり最大サイズのDDタープのダイヤモンド張りで、一回り小さいワンタッチタープの蚊帳が上手く付けられれば、わざわざ大きさを合わせる必要もない訳ですよね。

 

 

 

そしてDDタープは先程言ったように、ルーフが多いので蚊帳も容易に取り付けれます。

 

蚊帳自体にもマジックテープが付いているので、ロープなどにも簡単に付ける事が出来ます。

 

 

 

 

そして実際に付けてみたのがこちら

 

 

 

 

DDタープに蚊帳 (2)

 

 

 

 

結構いい感じ♪に見えるんですが、やっぱり大きさが合わず隙間が出来ました(笑)

 

 

中から見るとこんな感じでしたね。

 

 

 

 

 

DDタープに蚊帳 (1)

 

 

 

 

 

あと両端にも僅かな隙間があります。

 

 

流石に3×3ワンタッチタープの蚊帳では、少し小さかったですね(´・ω・`)

 

 

因みにワンタッチタープの蚊帳は2枚付いて来て、それでワンタッチタープの四方を囲むんですが、この時は慢心して1枚しか持って来てませんでした。

 

 

つまりもう1枚あれば、完全に防ぐ事が出来そうです。

 

 

ただ、この状態でもかなり虫の侵入は防いでくれました。

 

 

DDタープの中で明かりを付けない限り、虫が侵入してくる事はなかったですね。

 

 

結果としては、DDタープにワンタッチタープ用の蚊帳は全然ありだと思います♪

 

 

DDタープにワンタッチタープ用の蚊帳を付けてみたまとめ

 

 

まだまだ改善の余地がありそうですが、DDタープにワンタッチタープ用の蚊帳は使えそうですね!

 

この時のキャンプでは、虫の侵入がほとんどなかったので、中で明かりを付けない限り多少の隙間は大丈夫だと思います。

 

 

ダイヤモンド張り以外にも、蚊帳を試してみたいと思います。

 

他の張り方であれば、3×3のワンタッチタープ用の蚊帳1枚でも十分だと思うんですよ!

 

 

 

 

夏のソロキャンプならテントいらない!DDタープ1つで無骨な野営気分を味わえ!

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報