ソロキャンプ

夏のソロキャンプならテントいらない!DDタープ1つで無骨な野営気分を味わえ!

ダイヤモンド張りで焚き火

梅雨も明けると夏真っ盛り!ですが、

 

正直暑過ぎて敵わないですね。

 

 

キャンプシーズンと言われる夏ですが、個人的に夏はあんまりキャンプに向かない季節だと思います。

 

暑くて焚き火したいと思わない・・・

 

 

それに夜も寝苦しくて中々寝付けない事も多いですね。

 

 

そこで張り方に色々なバリエーションのあるDDタープで、テントを使わないタープ泊がいいんです!

 

 

設営するだけで汗びっしょりになってしまう夏ソロキャンプは、テントを使わないタープ1つの無骨な野営スタイルでやるとかなり楽になります♪

 

 

ただしタープ泊はソロキャンプ向きで、人によって合う合わないが出やすいキャンプになります。

 

ファミリーキャンプでは、まずタープ泊は止めといた方がいいでしょうね(笑)

 

 

スポンサーリンク

 

 

夏のソロキャンプならテントはいらない!

 

 

夏のソロキャンプは、やろうと思えば持って行く荷物をうんと減らせるキャンプでもあります。

 

ソロキャンプは基本自由なので、持って行く物も当然自由。

 

 

 

正直、真夏のソロキャンプは、テントがなくても全然キャンプ出来ます!

 

 

 

特に最近の夏は、夜でも本当に暑いので、テントの中も熱が篭って相当暑いです。

 

フライシートのあるダブルウォールのテントだと、中の人が蒸し焼き状態になります。

 

 

 

そんなテント内でシュラフ(寝袋)を使って寝ようなんて、まず思えません・・・

 

僕は暑いのが特に苦手なんで(;´∀`)

 

 

 

僕が使っているシュラフは、激安のシュラフでワンシーズンしか使えない夏用のシュラフですが、それでも真夏になると暑くて要らないぐらいです。

 

 

何度テント内で、急激な喉の渇きで目を覚ました事か(´・ω・`)

 

本当に気を付けないと、キャンプの夜だから大丈夫と思っていたら、寝てる途中に熱中症にもなり兼ねませんね。

 

 

 

だったらいっその事、テントを持って行かずにタープ泊にする事が多くなりました!

 

 

 

タープ泊にすると、テントの設営をしなくていいので荷物を減らせて、設営も短縮出来て楽になります。

 

スポンサーリンク

 

 

夏のソロキャンプはDDタープ泊で無骨にやる!

 

 

タープ泊の何がいいかって、やっぱり無骨な野営のようなスタイルで出来る事ですね♪

 

ちょっとした玄人のような雰囲気が出ます。

 

初心者キャンパーなのに(笑)

 

 

 

タープ泊は、タープの種類にも寄りますが、張り方次第でテントのように寝床を作る事が出来ます。

 

僕はDDタープを使っていますが、DDタープは元々自由度の高いタープで、色合いも非常に無骨な感じで好きです!

 

 

 

 

 

 

 

こういう具合にタープを張って、下にコットとシュラフを敷いて寝る事もあります。

 

 

 

 

タープ泊 (4)

 

 

 

 

後は、必要な道具を準備してしまえば、このままキャンプを始める事が出来ます。

 

 

テントを設営しなくていいので楽!

 

 

ただ注意したいのが、張る向きですね。

 

下手すると直射日光が直撃して、ずっと太陽拳を味わう事になるのでタープの向きは気を付けたい所。

 

 

 

そして、このポールをキャンプ場に落ちている木で代用すれば、こんな感じでキャンプギアを吊るす事も出来ます。

 

 

 

 

タープ泊 (1)

 

 

 

木をポール代わりにすると、一気に無骨感が増しますね♪

 

 

タープ泊は張り方次第で、凄く野営感が出て無骨なキャンプを味わう事が出来ます。

 

家族連れが多いキャンプ場だと、かなり浮くけどねw

 

 

夏の暑い時期でも、テントのように密閉空間じゃないので、幾分か夜も寝やすくなるのもメリットですね!

 

 

因みにこんなオープンな状態で寝るのはちょっと・・・という場合は、DDタープであれば、クローズに出来る張り方も色々あります。

 

動画でも沢山張り方が紹介されているので、参考になると思います。

 

 

タープ泊をする時にあるといい物

 

 

 

タープ泊は設営撤収が、幾分楽に出来て、無骨なキャンプスタイルにもなって、やり方次第で本当に楽しいキャンプになります。

 

ただ夏になると、厄介なのが虫ですね。

 

 

これがタープ泊の1番の悩み所なんですよ(;´∀`)

 

 

いくら無骨なキャンプが好きでも、流石に虫までは好きになれません。

 

 

 

 

無視出来ないんですよ、虫だけに

 

 

 

 

さて、大分涼しくなられたんじゃないでしょうかね(笑)

 

 

 

それではタープ泊する時に、あるといい物を僕がタープ泊をやった経験から紹介しますね。

 

 

 

 

ランタン

 

 

何で照明器具のランタン?って思うかもしれないですが、これは照明用ではなく虫除け用ですね。

 

虫の光のある所に集まる習性を利用して、タープの真下ではなく少し外側に置いておきます。

 

そしたらランタンにいくらか虫が行ってくれるので、多少の虫除け効果が期待出来ます。

 

寝る時は特に大事!

 

 

因みにLEDランタンよりも、オイルランタンがあればそちらの方が効果が高いです。

 

 

でもオイルランタンがなければ、LEDランタンでもいいので置いておく事をおすすめします。

 

 

 

虫除けスプレー

 

 

これは言うまでもないですね。

 

タープ泊に限らず、夏のキャンプの必需品です。

 

さらに蚊取り線香も一緒に置いておくと、さらにいいですね!

 

 

コット

 

 

コットはアウトドア用の簡易ベッドですね。

 

正直コットはかさ張るので、タープ泊で折角テントを持って行かなくていいのに、結局荷物変わらなくなるので微妙な所ではあるんですが(;´∀`)

 

 

じゃあ何でコットを選んだかというと、マットだとやっぱり虫が怖いんですよね。

 

コットにすれば地面から浮いているので、絶対ではないですが虫が登って来るリスクを軽減出来ます。

 

 

 

僕が使っているコットはDODのコットですが、すでに販売終了していて、今DODで1番新しいモデルはこのコットになりますね。

 

 

 

 

 

 

この新しいモデルの方が、コンパクトになってバイクにも積める大きさになっていますね。

 

ちょっと気になる・・・

 

 

 

夏のソロキャンプはDDタープで無骨気分まとめ

 

タープ泊は、何かとオープンな気分になる夏キャンプにやると楽しいキャンプスタイルですね。

 

 

タープ泊は夏こそやって楽しいキャンプです。

 

 

春と秋キャンプにもやった事がありますが、タープ泊だとやっぱり寒くなります。

 

冬だと自殺行為ですね(笑)

 

 

虫対策が大変ではありますが、無骨な野営スタイルで出来るタープ泊は、ソロキャンプでやると何かと楽です♪

 

そして、夏のソロキャンプで無骨な野営気分を存分に味わってみて欲しい!

 

 

 

タープ泊を少しでも快適にする為に!

 

タープ泊にコットを使うと快適?雨や寒さ対策が必要になる事も!

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

 

 

★ブログランキング始めました★

応援クリック頂けると嬉しいです!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報