キャンプ

キャンプ場以外でキャンプ、つまり野営をする事のリスクについて!

真夜中のソロキャンプたねほおずき

キャンプと野営って、似てるようで違う意味合いを持っていますよね。

 

 

 

 キャンプはキャンプ場での寝泊り  

 

 

 

 野営はキャンプ場以外でのキャンプ  

 

 

 

意味合いとして合っているかというより、ざっくりと言うと、こういうイメージですよね。

 

 

キャンプ動画でも、キャンプ場以外での野営というのをやられている方もいます。

 

 

正直、動画を見ていると楽しそうな野営・・・実はそこまで難易度が高い場所ではないですけど、キャンプ場以外でキャンプをやった事があるんです。

 

 

今回は、そんなキャンプ場以外でのキャンプについてのリスクについて書き綴りたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

楽しいだけじゃない!キャンプ場以外でキャンプ(野営)をする事へのリスク

 

キャンプ場じゃない場所でのキャンプは、どことなくワクワク感というか、いつもと違う雰囲気のキャンプを味わえますね。

 

場所もある程度選べるので、夜景や朝日夕日がめちゃくちゃ綺麗な場所でキャンプ出来たり。

 

山奥の林道であれば、まず誰も来ない空間も味わえたり。

 

 

そんな野営ですけど、やっぱりキャンプ場じゃない事へのリスクも結構あります!

 

 

 

動物に遭遇するリスク

 

林道や山の中で野営した場合、やっぱり怖いのは動物ですね。

 

キャンプ場であっても動物と遭遇する可能性は0じゃないですけど、人の手が入ってない場所ではリスクが全然違います。

 

 

僕も何度か林道をジムニーで走った事がありますけど、昼間にちょっと走るだけで猪の子供を何度も目撃しましたからね。

 

これが夜になってテントだけで泊まるとなると、やっぱり結構怖いですよ!

 

 

もし熊とも遭遇したら、キャンプ所じゃないですよね。

 

 

通報されるリスク

 

日本の土地って、所有者のいない土地は存在してないんですよね。

 

つまり野営をするって事は、基本的には許可が要ります。

 

 

大概は見て見ぬされて終わりって事になりますけど、

 

野営自体がグレーゾーンの中で行う訳で、当然所有者に見つかれば通報される可能性もありますね。

 

 

所有者じゃなくても、怪しい奴がいる!って思われて、通報されるリスクもありますね(;´∀`)

 

 

スポンサーリンク

人のリスクが大幅に増える野営、ソロキャンプをしていて実際にあった事

 

 

僕が1度、キャンプ場以外の場所でキャンプをして感じたのは、とにかく人のリスクが大幅に増えるな・・・という事ですね。

 

 

そこで実際にあった事を書き綴りたいと思います。

 

 

キャンプ場じゃない場所でのキャンプと言っても、僕が行った場所はそこまでガチな場所ではなく、ハイシーズンになるとキャンプやBBQで盛り上がる海沿いの場所です。

 

 

海のシーズンになると、キャンプを開放する公園や広場ってありますよね。

 

 

僕は人が多過ぎるのは嫌なので、そこに少し時期をずらしてソロキャンプに行きました。

 

 

海のシーズンは終わっているので、人は一気に少なくなっていました。

 

これはいいな~と思って、ソロキャンプを楽しんでいたんですよ。

 

 

僕の他には一組だけキャンプに来ていました。

 

凄い静かで、海の波の音を聞きながらのソロキャンプでした♪

 

 

 

 

 

ところがですね!

 

 

 

 

 

夜になってまったりしていると僕のいる場所と、少し離れた所にいるキャンパーとの間で、何やら素振りをする音が聞こえてくるようになりました。

 

夜の20時ぐらい、ずっとゴルフの素振りをしている音が聞こえてくるんです。

 

 

最初は、あそこのキャンパーうるさいな~と思っていたんですよ。

 

でも違ったんです、素振りしていたのは、いつの間にか入り込んで来ていたおじさん!

 

 

何でか、わざわざ僕のテントの横で素振りしているんですよ。

 

 

何が怖かったかって素振り始めるまで、そのおじさんが近づいて来ている事にも気付かなかった事!

 

 

ゴルフのドライバーを持って近づいて来ている訳で、もしその人が人を襲う気でいたら、

 

僕は後ろから不意打ちを受けていた可能性すらありますよね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

 

もう、そこから僕の警戒心はMAXですよ!

 

 

手には、自衛の為にモーラナイフを念のため!と思って持っていたりw

 

 

 

それ以外にも、引っ切り無しに車が入って来るんですね。

 

時間関係なく、22時とか23時とか遅い時間でも車が入ってきて、エンジン付けっ放しで居座ったりするんですよ。

 

 

正直楽しかったのは昼間だけで、夜になってから怖くてしょうがないんです。

 

 

キャンプ場じゃないので、とにかく人が何時でもどんな目的でも入って来るんですよ。

 

 

深夜3時ぐらいにも車が入って来て、僕のテントの隣に停めて何やら会話が始まりますからね。

 

 

 

今までいつでも来れる無料のキャンプ場でも、こんな事になった事はないです。

 

遅い時間に来ても、大概がキャンパーなので。

 

 

遅い時間に来てから設営してんな~、ぐらいにしか思わないんですねw

 

 

でもキャンプ場じゃないとキャンプ目的以外の人が、夜だろうが朝だろうが関係なく入って来るので、本当に人が怖くて仕方ないソロキャンプでした。

 

 

一応その場所は通年でキャンプ出来なくはないですが、こういう事があってからその場所でキャンプするのは辞めました。

 

楽しくないキャンプはしたくないので( ;´Д`)

 

 

当たり前ですけどキャンプ場でキャンプをするのが、やっぱり1番安心しながらキャンプ出来ます!

 

 

キャンプ場以外でキャンプ、つまり野営をする事のリスクについてまとめ

 

キャンプ場じゃない場所でのキャンプは、当然ながら完全な自己責任でやる必要がありますね。

 

 

キャンプ場じゃない場所でのキャンプは、ちょっと違った楽しさもありますけど、色々なリスクが付き纏ってきます。

 

 

特に人の出入りがある場所は本当に怖いので、もしキャンプ場じゃない場所でキャンプをする時は、事前によく調べておく必要があります。

 

 

そしてキャンプ禁止の場所では絶対にしない事と、野営をした次の日は一切の痕跡を残さず帰るという事も大事ですね!

 

 

 

でも正直、どうあっても野宿しないといけないっていう旅人以外は、やっぱり普通にキャンプ場でキャンプがいいですねw

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

 

★ブログランキング始めました★

応援クリック頂けると嬉しいです!

 

 

 

 

スポンサーリンク

   キャンプ   0

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報