キャンプ

キャンプでPCが使える!?小型で大容量のモバイルバッテリー3選!

キャンプであると便利なモバイルバッテリー

キャンプ場は、高規格なキャンプ場であれば電源サイトがあり、キャンプをしながら電化製品を使う事ができます。

 

そういう高規格なキャンプ場は、ファミリーキャンプや女子会のようなキャンプでは非常に便利です!

 

しかし極力電気に頼らないソロキャンプをしたい僕は、基本電源サイトを利用する事はありません。

 

とは言えですね、いくらキャンプで電気に頼りたくないと言っても、別にサバイバルをしたい訳じゃないのでスマホなど最低限の文明の利器は使いますw

 

しかも今後は、キャンプ場でもPCを使う事も当たり前となってくるかもしれません!(たぶんw

 

今回は、キャンプに持ち運びもしやすいコンパクトで容量も大きいモバイルバッテリーを探していきました!

 

スポンサーリンク

キャンプ場でキャンプをしながらリモートワーク!?

 

園家山キャンプ場 (15)

 

最近は、コロナの影響もあってリモートワークが注目を浴びるようになりました。

 

そのリモートワーク、キャンプ場でも出来たら最高ですよね?

 

そうなれば当然、電源のないキャンプ場でも電気機器を充電出来るモバイルバッテリーの存在は必要不可欠です!

 

実は試験的にですけど、キャンプ場でリモートワークの為にキャンプ場サイトを開放したキャンプ場があります。

 

それは千葉県の『RECAMP しょうなん』というキャンプ場と、神奈川県の『小田原市いこいの森 RECAMP おだわら』というキャンプ場です。

 

デイキャンプのみで電源やWi-Fi完備で、なんと500円という破格の安さでテレワークの為に利用する事が出来ました!

 

キャンプをしない人の為にも、キャンプ道具のレンタルも行われていたようです。

 

ただ!これは期間限定で行われたトライアル販売だったので、2020年8月現在は終了しています。

 

 

でも、このキャンプ場の試みを知った僕は、キャンプをしながら仕事が出来るのか~!と、結構な衝撃を受けたわけですw

 

キャンプをしながら仕事が出来て、しかもカフェやファミレスよりも人目を気にしなくていいですよね。

 

そして仕事が終われば、そのままキャンプを満喫出来る訳です!

 

 

最高やないか!

 

 

でも、全てのキャンプ場が電源サイトがある訳ではないですし(むしろ少ない)そうなればモバイルバッテリーを持って行くのが1番手っ取り早い訳です。

 

それに都会から離れた地方になればなる程、そもそもリモートワークの為に開放するキャンプ場自体ないのが実情ですね。

 

そこで必要になるのが、ノートPCやポケットWi-Fiなどを充電出来る大容量のモバイルバッテリーになります!

 

大容量のモバイルバッテリーさえあれば電源付きサイトを利用する事無く、どこのキャンプ場でもリモートワークも出来ますし、強いては電気機器を使えるようになる訳ですね。

 

スポンサーリンク

コンパクトで容量の大きいモバイルバッテリー3選

 

キャンプで使うモバイルバッテリーとなれば、コンパクトで軽量な物の方が便利です。

 

僕は絶対そう(`・ω・´)

 

それに小さくて軽い方が、キャンプでなくてもバッグの中に入れておく事も出来て出先で使えて何かと便利なんです!

 

僕は、このモバイルバッテリーを使っているんですが

 

コンパクトで軽いので、スマホの充電に使ってます。

 

でもコンパクトになれば容量は小さくなるのが必然で、しかもUSBポートが1つしかないので複数の充電が出来ません。

 

inputの所は、モバイルバッテリー自体を充電するポートになります

 

アンカーのモバイルバッテリー

 

なので、そんな中でも割かし大容量で、ポート数も多くコンパクトなモバイルバッテリーを選んでみました!

 

こう書いてみると、かなり贅沢な条件で探していますねw

 

ちなみにアンペア数がどうとかは、僕は全く詳しくないので悪しからず!

 

一応基準としては、最低限ノートPCが動く物をピックアップしています

 

 

サンワダイレクト モバイルバッテリー

 

基本情報

 

容量:83.22Wh(14.6V/5700mAh、3.62V換算/22800mAh)

 

・出力:ACポート1つ、USBポート2つ

 

・重量:約900g

 

容量の数字を見ると、途端によく分からなくなりますw

 

まあ、さっき紹介した僕が持っているモバイルバッテリーの2倍以上の容量があるという事です!

 

そしてUSBポートが2つあるので、スマホを充電しながらタブレットなど他の充電も行う事も可能です。

 

これだけの容量があれば、ノートPCの充電も行う事もできます。

 

しかもACポートも付いているので、家でよく見慣れたコンセントの電源としても使えますね。

 

ちょっと大きめですけど重さが900gで申し分ない重さですし、キャンプでなら十分な性能を発揮してくれそうです。

 

 

ポータブル電源 Omars モバイルバッテリー

 

基本情報

 

・容量::26800mAh

 

・ポート数:ACコンセント+USBポート×2個+Type-Cポート

 

 

これもコンパクトなモバイルバッテリーとしては、結構な容量を持つモバイルバッテリーです。

 

スマホは勿論、携帯ゲーム機やノートPCの充電も可能です。

 

ポート数も、先程のモバイルバッテリーのポート数と同じな上に+Type-CポートのUSBが使えます!

 

しかも、これには縦置きスタンドが付属していてモバイルバッテリーを立てて使う事ができます。

 

これは場所を極力取らずに置く事も出来ますし、ソロキャンプであれば尚更テーブルが小さいので有難い機能になります!

 

 

ポータブル電源 RAVPower

 

基本情報

 

容量:20100mAh / 74,37Wh

 

重量:約585g

 

AC 出力:110V/60Hz,70W最大/60W定格

 

Type-C出力:DC 5V/3Aまで

 

iSmart USB出力:DC 5V / 2.4A まで

 

 

このモバイルバッテリーは、容量は少し小さくなるとは言えノートPCを充電出来る性能はあります。

 

しかも重量が、たったの585gしかないので今の所1番軽いモバイルバッテリーになりますね!

 

出力はACポートが1つ、USBのtype-Aとtype-Cが1つずつ対応していて、汎用性の高いモバイルバッテリーにもなっています。

 

これだけ軽量でコンパクトにも関わらず、容量も出力も十分な性能を持っているのでキャンプ以外でも使い勝手が良さそうです!

 

 

 

キャンプでも役立つコンパクトで大容量のモバイルバッテリーまとめ

 

今回は、なるべくコンパクトな物で軽量なモバイルバッテリーをピックアップしました。

 

ノートPCやポケットWi-Fiの充電も出来て、それでいてコンパクトとなると中々難しいですね。

 

でも、これでスマホやノートPCの電池残量を気にせずキャンプ出来るようになれば、電源のないキャンプ場でもリモートワークは出来そうです!

 

実際僕も、折角キャンプブログをやっているんなら、キャンプをしながらブログをやってみたい願望はありましたし(`・ω・´)

 

そして一応ですけど、今回紹介したモバイルバッテリーはノートPCを基準に選んでいるので、電化製品によっては容量が足りない可能性もあります!

 

その時は重さやコンパクトよりも、容量の大きいポータブル電源が必要になる事もありますね。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

★ブログランキング始めました★

応援クリック頂けると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

   キャンプ   0

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報