キャンプギア

ソロキャンプにタープはいらない!?必要な状況も考えてみた!

DDタープの張り方1

キャンプをする時に使うテントとタープ。

 

テントはまあ、外で野宿するという強者でもなければ、要らないという人はまずいないと思うんですけど。

 

でも1人しかいないソロキャンプだったら、正直タープは別にいらないんじゃないの?と、思ってしまう事もしばしばあるんですよ。

 

 

というより、1人で設営するのでテントとタープ両方の設営はめんどくさいですし、荷物も増えてしまいますよね。

 

 

ソロキャンプは少しでも楽にしたい!という人に、ソロキャンプで実際タープは必要なのか書き綴っていこうと思います!

 

スポンサーリンク

 

ソロキャンプは正直テントかタープ、どっちかで十分!

 

 

 

最初僕はワンタッチタープを使っていました。

 

その後テントを購入して、それからDDタープを使うようになったんですけど、今までソロキャンプしてきて思ったのは、

 

 

ソロキャンプは正直テントかタープどっちかでいいな!というのが正直な所です!

 

 

ファミリーキャンプやグループキャンプであれば、他の人の為にタープを張った方がいい訳ですけど、ソロキャンプは自分1人なので絶対必要でもないんですよね。

 

 

それにキャンプに行く時って、普通は天気のいい日に行きますよね。

 

雨が降ってなければ、タープなくてもキャンプは出来ます。

 

 

 

それならテントがあればタープを張らずにキャンプした方が設営も撤収も楽ですし、荷物も減らせて軽量化にもなります。

 

 

特に前室の広いテントを持っていれば、タープはなくもて充分です。

 

 

前室の広いテントのメリットにつていはこちらで

 

ソロキャンプに大きいテントと前室が広いものを選ぶ理由!

 

 

僕は前室の広いテントは、ライダーズバイクインテントを持っていますけど

 

 

DODライダーズバイクインテント

 

 

これだけ広い前室があれば、ソロキャンプなら問題なくキャンプ出来ます。

 

 ※現在ライダーズバイクインテントは品切れ状態になっています  

 

 

 

 

そしてタープだけの時は、タープ泊にしてテントは設営しない方が楽ですね。

 

特に使っているDDタープは色んな張り方が出来るタープで、タープ泊にも打ってつけなので設営もしやすいです。

 

 

 

 

同じく軽量化にもなるんですけど、テントよりタープだけの方が軽量化になりますね!

 

それにテントよりも、タープだけの方が設営撤収も楽なんですよ。

 

 

ただタープ泊は本当にソロキャンプ向きというか、テントと違って底が直接地べたになるので人を選ぶキャンプにはなりますね。

 

 

特に夏場は虫対策がテントより大変になります。

 

 

 

ソロキャンプでタープがいらないかは状況次第

 

 

ソロキャンプをしていて、タープ要らなかったかな?と感じる時がありますけど、そもそもタープが必要な状況って

 

 

 

 ・雨の日 

 

 ・日差しが強い日 

 

 ・人が多くて遮りたい時 

 

 

 

大体この3つの内1つ当てはまれば、タープを張る事になりますね。

 

 

 

雨の日は流石にタープは必須ですけど、日差しが強い日は、林間サイトを利用したりして木陰に入ると些か日差しを抑えられます。

スポンサーリンク

 

(ただ後で理由を書きますけど個人的に夏場に限っては、木の下でのキャンプは最近はタープなしでやらなくなりましたw

 

 

そして人の目は、気にするか気にしないかは自分次第ではありますね。

 

ソロキャンプに慣れて来ると、だんだん気にならなくなります。

 

 

僕は、一時期キャンプはタープは張った方がいいという概念に囚われていた事があって、ソロキャンプでも必ずタープを張っていたんですけど、

 

この3つの状況全てに当てはまってない時に張ってしまうと、張る必要なかったな~と思ってしまう事が結構あったんですよ。

 

 

 

そのまま青空でも十分快適で、むしろタープを張って視界を遮ってしまうより解放感も違いますし。

 

 

僕は、この3つの条件に当てはまらなかったら、ソロキャンプはタープなしでもいいと思います。

 

 

 

タープが必要な状況になった時の為に、一応持っておいた方がいい

 

 

ソロキャンプでタープはなくてもいいと言って来ましたけど、急に必要な状況になる事があるのでタープは念の為車に忍ばせておくと安心です。

 

 

 

いくら天気予報で晴れの日を狙って来たとしても、相手は自然なのでいつ天気が変わるか分かりません。

 

実際にソロキャンプでハンモック泊していた時に、めちゃくちゃ晴れていたのに突然夕立に合い慌ててタープを張った事があります。

 

 

それと山の上のキャンプ場だと、天気が急に変わる事もあるのでタープを張らないにしても持っておいた方がいいですね。

 

 

 

あと木の下でタープなしでやらなくなった理由ですけど、夏にキャンプをする時に特に注意して欲しいんですけど、

 

ハンモック泊や日差し避けに木の下に設営すると、たまにセミのおしっこが降って来ます( ;´Д`)

 

 

 

1度あったのが、キャンプ中に何か水滴が落ちて来るな~と思っていたら、セミのおしっこで何度も降って来ました。

 

 

ご飯食べてる最中だったので、もう最悪でありましたw

 

 

この時も面倒だけど、しぶしぶタープを設営しました。

 

 

僕は、これ以来木の下に設営する事に抵抗を感じるようになったので(虫降って来ても怖いし)今は日差しが強かったら我慢するか、おとなしくタープを張る様になりました(´・ω・`)

 

 

 

キャンプは自然の中に身を置くので、想定外の状況に陥った時の為にお守りとしてタープは持っておいた方がいいですね!

 

 

 

ソロキャンプにタープは必要かまとめ

 

僕はタープに関しては、ソロキャンプに限っては絶対必要じゃないと思っています。

 

特にキャンプ自体に慣れていない時は尚更、タープはなくてもいいんじゃないの?と思っていますねw

 

 

なのでソロキャンプにタープが必要かどうかは、

 

 

ソロキャンプは基本的にタープは要らないけど、必要になる状況になる事があるので持っておいた方がいい

 

 

というのが僕なりの結論ですね。

 

セミのおしっこなんていう、本当に想定外もありますからねw

 

 

1人なので、その時の状況や気分でタープを張るか張らないかを決める事が出来るのもソロキャンプのメリットです!

 

 

最初は前室の大きいテントでソロキャンプをしてみて、キャンプに慣れて来て余裕が出て来てからタープが必要か考えてみるといいと思います♪

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

 

 

★ブログランキング始めました★

応援クリック頂けると嬉しいです!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報