キャンプギア

キャンプ用ライターに!SOTOのST-480『スライドガストーチ』を購入してみた!

SOTOのスライドガストーチ

いくら不便を楽しむキャンプでも、火は大事です!

 

ブッシュクラフトなどでは火打ち石を使ったり、ファイアスターターを使って着火させたりなど、極力文明の利器を使わない着火をしたりもしますが・・・

 

何だかんだ、やっぱりライターって便利なんすよ!(`・ω・´)

 

そして今回、僕が新たに購入したSOTOのスライドガストーチST-480というターボライター!

 

このスライドガストーチを購入した理由やメリットについて、まだキャンプで使えてませんけど書き綴っていきますw

 

SOTOスライドガストーチ ST-480の基本スペック

 

SOTOと言えば、やはりバーナーで有名なメーカーですよね。

 

僕もSOTOのシングルバーナーには、非常にお世話になっているんですが

 

SOTOのシングルバーナーST-310を購入したのでST-301と比較してみる

今回は、ライターのST-480スライドガストーチです!

 

まずはST-480スライドガストーチの基本スペックからですけど

 

 

【基本情報】

 

・[本体サイズ]:幅3.5×奥行1.8×高さ11-18.5cm

 

重量:55g

 

・原産:日本

 

 

本体重量が、たったの55gしかなく軽いです。

 

大きさも使い捨てライターより少し大きい程度で、片手で充分収まる大きさですね。

 

この状態で高さ11㎝になります

キャンプのライター (2)

 

そして伸ばした状態で18.5㎝、火口は7.5㎝伸びるんですね

キャンプのライター (7)

 

そして炎に関してはターボライターなので、バーナーのような青い炎がゴォォ!という感じで出ます!

 

キャンプのライター (9)

 

炎の温度は1300℃にもなるようなので、伸ばした方がやっぱり安心かもしれないですねw

 

キャンプのライター (8)

 

 

そして、このスライドガストーチには安全装置も付いています。

 

ロックが掛かった状態

キャンプのライター (4)

 

 

ロック解除した状態

ボタンが窪みから外れています

キャンプのライター (5)

 

使わない時は、誤って点火させるのを防ぐ事ができますね。

 

これはソロキャンプより、子供のいるファミリーキャンプで嬉しい仕様かもしれません!

 

 

ただ価格に関しては、ライターとしては決して安いとは言えないと思います。

 

僕がずっと買い渋っていた理由の1つも、値段が理由でもありました(´・ω・`)

 

勿論使い捨てライターよりは、ずっと便利な機能が備わっているので、キャンプでは充分活躍してくれるライターだと思います

 

因みにAmazonには限定色が用意されているので、人と被りたくない!という人はそれを検討してもいいかもしれません!

 

僕はキャンプショップで買ったので、所謂定番カラーですw

 

 

さらに、このST-480はオプションも用意されています。

 

これはスライドガストーチを収納するレザーケースです。
色はブラウン、ネイビー、グリーンの3色用意されています。

 

このケースに入れた状態で、ライターを使う事が出来るようにもなっていますね!

 

他には、

 

持ち運ぶ時にスライドガストーチを入れる、収納ケースもあります。

 

SOTOのスライドガストーチST-480の3つの魅力

 

実は、このSOTOのスライドガストーチに関しては、キャンプデビューした頃から知ってはいました。

まあヒロシさんも使っていましたからねw

 

キャンパーにも人気のある定番ライターだと思います。

 

正直それが、このスライドガストーチの購入を渋っていた1番の理由でした!

 

なので今までキャンプでは、ジッポライターを使ったり、チャッカマンを使ったりしていました。

 

さらに最近は

キャンプのライター (1)

 

マッチを携行するようになりました。

 

でもずっと悩まされていた事があってですね。

 

それが、

 

 ・風に弱い 

 

 ・着火剤やオイルランタンに火を着けにくい 

 

この2つに、いつもキャンプでイライラさせられる事が多かったです。

 

マッチもそうですけど、ジッポライターやチャッカマンも風が強いと中々火が点かないですからね;つД`)

 

着火剤に点火する時も、ジッポライターだと着け難くて手を火傷しそうになるし、マッチだと火が着く前にマッチの炎が消えたり・・・

 

それで今回、SOTOのスライドガストーチの購入に踏み切りました!

 

 

 

『スライドガストーチST-480は風に強い』

 

さっき炎の温度が1300℃にもなると言いましたけど、SOTOのスライドガストーチST-480は風に強いライターです!

 

扇風機の風ぐらいでは消えないですね。

 

それに、それだけの高火力なら着火剤にも簡単に火を着ける事が可能になります。

 

これは、僕がずっと風に悩まされていた事を充分に解消してくれる性能です。

 

同じ形状のライターで、ターボライターではなくガスマッチの物もありますけど、

 

 

こちらは通常のライターの炎になるので、風には弱いと思います。

 

ただお値段はガストーチよりも700円ほど安くなるので、少しでも安く抑えるならこっちかなと思いますね!

 

 

 

『オイルランタンに火を着けやすい』

 

これはチャッカマンの時はいいんですけど、ジッポライターやマッチの時は着け難くて仕方なかったです。

 

マッチの火もランタンの芯に届く前に消える事が多いんですよ

 

フュアーハンドランタンについて

 

この狭いとこに火を入れる必要があるので、ジッポだとまず届かないですし、マッチも火が消えてしまうんですね。

 

そしてSOTOスライドガストーチなら、高火力な炎を火口を伸ばして使えるので簡単に着火出来るようになります!

 

これも大きな魅力の1つでした。

 

 

 

『CB缶で補充できる』

 

正直、風の悩みだけならチャッカマンで我慢出来ました。

 

でもSOTOのスライドガストーチは、CB缶でガスの補充が出来てしまう点が本当に大きかったです!

 

CB缶はシングルバーナーを使う時にいつも携行していますし、

 

ST-310

 

コンビニや100均にも売っているので手に入れやすくて、コスパもいいです!

 

使ってたチャッカマンは、燃料が無くなったら当然使えなくなったので、やはり何度も使えるという点は非常にポイント高いです。

 

もしキャンプ中にガスが無くなっても、その場で補充できますもんね。

 

そう考えると、長い目で見ればこっちの方がコスパはいいのかもしれないですねw

 

 

SOTOのスライドガストーチST-480まとめ

 

まだキャンプで使えてないので、どことなくフワッとした言い回しになってしまいましたw

 

ただキャンプでの風とオイルランタンや着火剤への点火は、これで解消できると思います!

 

今後キャンプで使い倒して、また使用感などを追記などしていこうと思います♪

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

★ブログランキング始めました★

応援クリック頂けると嬉しいです!

 


コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報