キャンプギア

ソロキャンプ用に選んだステンレスマグカップ!拘りマイグラスの選び方!

マグカップ (2)

キャンプでお酒やお茶などドリンクを飲む時に使う、アウトドア用のマグカップ。

 

キャンプメーカーからも数多く出ていますけど、種類が多くて何を選べばいいか悩みますよね。

素材も有名な物だとチタンとステンレスがありますし、他にもホーローや木製のマグカップもあります。

 

僕は初めてソロキャンプ用に買ったのは、スノーピークの雪峰というマグでしたが

 

スノーピークのスタッキングマグ『雪峰』を使ってきたメリット・デメリット!

 

これは最初の頃に数回キャンプに使ってから、全くキャンプでは使わなくなりました。

 

その後に使うようになったのがステンレスのマグカップなんですが、実はキャンプメーカーのマグカップではありません。

 

今回は、そのステンレスのマグカップを使ってきた性能や、ソロキャンプ用にこだわりのマグカップを選ぶコツなどをまとめていこうと思います!

 

スポンサーリンク

ステンレスマグカップのメリット・デメリット

 

ステンレスのマグカップは、キャンプメーカーからも数多く販売されていますし、ホームセンターなどにも売っているので特別珍しいマグではありません。

 

でも僕は、このマグカップがお気に入りで、ソロキャンプで使うマグカップは今の所これ1つです。

 

先程も言いましたけど、キャンプメーカーのマグカップではないですけど、使い勝手は結構いいんです!

 

まずはメリットですけど、

 

 ・壊れにくい 

 

 ・保冷・保温力もそれなりにある 

 

 ・サビにくくて手入れも楽 

 

 ・比較的安価に購入できる 

 

 

まずステンレスのマグカップは、比較的リーズナブルな価格で購入出来る物が多いです。

僕の買ったステンレスマグカップも、確か1900円ぐらいだったと思います。

 

家で使うマグカップなら割高感がありますけど、キャンプギアとして見れば安い方かなと思いますよね。

 

それでいて頑丈で手入れも簡単です!

 

まあ流石にキャンプで使っていれば傷も入りますし凹みもありますけど、それも味という事でw

 

ちなみに保冷力に関しても申し分なく、使っているステンレスマグカップとスノーピークのチタンマグの雪峰と保冷力を比較した時も全く引けを取りませんでした

 

チタンマグカップとステンレスマグカップの保冷力を徹底比較してみた!(画像あり)

よくチタンの方が保温・保冷力は上と言われますけど、この記事での実験ではステンレスマグカップもかなりの保冷力を発揮していました。

 

しかもチタンマグカップの約半分程のお値段でその性能なので、僕はかなり満足しています(`・ω・´)

 

 

そしてステンレスマグカップのデメリットですけど、

 

 ・多少重量がある 

 

 ・見た目に特別感がない 

 

僕が使って来て感じたのは、これぐらいかなと思います。

 

まあ見た目に関してはしょうがないかなと。

 

みかさマグカップ

 

僕は一応無骨キャンパーを自称しているので、むしろこれぐらいのデザインで十分満足しているんですけどねw

 

後は、やっぱりステンレスでよく言われる重量はあります。

 

マグカップなのでめっちゃ重いという事はないですけど、手に持つと少しズッシリと来る感じはありますね。

 

 

ソロキャンプ用に購入するマグカップの選び方は?

マグカップでコーヒー

 

冒頭でも言いましたけど、僕は最初スノーピークの雪峰というチタンマグを購入しました。

 

でも数回のキャンプで使わなくなり、今は専ら家用になっていますw

 

ただ物自体が、気に入らなかったという訳ではないんです。

 

よくキャンプ用に選ぶマグカップの選び方として、素材が上げられますよね。

 

僕も最初はチタンに惹かれ、そしてショップの店長の話しからチタンは軽量で、保冷力や保温に優れているというのを聞いて購入に至りました。

 

チタンマグ雪峰

 

確かに凄く軽いし、保冷力や保温性も優れています。

 

でも数回ソロキャンプに行って思ったんですよ。

 

別にチタンマグカップじゃなくてもいいな(´・ω・`)

 

ってw

 

特に軽いというチタンのメリットですけど、これが登山などで使うなら軽量というのは非常に大きなメリットですけど、

 

ぶっちゃけ車やバイクで行くソロキャンプなら、そこまで重要な要素じゃないんです。

 

保冷力や保温性に関しても、気にする人は気にするかもしれませんけど、僕はそこまでシビアに思わないのであまり気にならなかったんですよね。

流石に5分もせずに氷が溶けるようなグラスだと、気になりますけどねw

 

つまりソロキャンプだけが目的なら、マグカップ選びに素材はそこまで気にしなくていいかなと思うんですよ。

 

じゃあソロキャンプが目的で使うマグカップ選びなら、何が重要な要素かというと、

 

やっぱりデザインですね!

 

いやホント、キャンプギアで見た目は大事ですよ!

 

物によっては機能性も大事なギアもありますけど、マグカップなら正直好きなお酒や飲み物が飲めればいいですからねw

 

今僕が使っているステンレスマグカップは、横須賀の三笠公園で売っていたマグカップです。

変に凝っていないシンプルなデザインで、三笠の模様が描かれているのを気に入って購入しました。

 

結局は全く機能性を気にせず買ったマグカップを、今はソロキャンプでメインで使っている事になります。

 

 

キャンプに行く時にマグカップのスタッキングは?

 

もう1つキャンプに持って行くマグカップに求められる要素として、スタッキングが出来るかどうかがありますよね。

 

僕が使っているステンレスマグカップは、はっきり言ってスタッキング出来る物ではありません。

流石にキャンプメーカーの物ではないので、そこまで考えて作られてはないです。

 

ただ持ち手が付いているマグであれば、スタッキングもそこまでシビアに考える事もないかなと思います。

 

カラビナさえあれば、ザックにぶら下げて行く事も可能です。

 

マグカップのスタッキング

 

ステンレスなので割れる心配もありません。

これはチタンや木製のマグカップでも可能ですよね。

 

でも海外のキャンパーには、ガラスのマグカップをぶら下げている人もいますし、意外と割れないのかもしれないですねw

 

あと持ち手付きのマグカップでも収納可能な物もありますし、

 

こういうタイプのマグカップであればザックに括り付ける事も出来ますし、スタッキングしてザックに入れる事も出来て、両方の持ち運びが可能になりますね。

 

 

キャンプメーカー以外から!こだわりのマイグラスを見つけるには?

 

マイグラス!

 

お酒を飲む人は特に拘りたいと思うのが、やっぱりグラスですよね~!

 

もちろんお酒を呑まない人でもコーヒーやお茶を飲む時に、自分だけのマグカップがあると気分が全然違ってくると思います。

 

そんなマイグラスですけどキャンプメーカーの物でも勿論いいんですが、それだとどうしても人と被りやすくなる可能性があります。

それにキャンプメーカーのマグカップは、基本的に機能性重視なとこもあるので、自分の気に入るデザインを見つけるのも難しいです。

 

そこで見て回るといいのがお土産屋!

 

観光地などにはよくあるお土産屋さんですけど、まあ大体が「う~ん・・・」な物が多い中、たまにビビッと来る物があるんですよw

 

僕が買ったマグカップも、言ってしまえばお土産品ですからね!

 

でも、そういう所で買った物はまずキャンプで被る可能性は結構低いですし、基本的には見た目重視で買うので自分のお気に入りになりやすいです。

 

1番いいのは旅行に行ったついでに見てみるのがいいですけど、今は状況も状況なので地元のお土産さんを見てみるのがいいかもしれないですね。

 

後は、やっぱり雑貨屋さんですね。

 

ショッピングモールに入っているようなお店ではなくて、ちゃんとお店を構えている雑貨屋さんにも掘り出し物があったりします。

 

マグカップは正直そこまでソロキャンプで重要なギアではないので、逆に言えばかなり自由にどこででも自分好みに買えるのがいいんですよね!

 

 

ソロキャンプにこだわりのマイグラスの選び方まとめ

 

今回は、僕が使っているこだわりのステンレスマグカップについて、そして自分だけのマイグラスの選び方を僕なりにまとめてみました!

 

最初は何でもいいと思っていたマグカップですけど、自分だけのお気に入りのマグカップで呑むお酒はやっぱりいいっすよ!

 

僕が見つけたマイグラスの探し方は、ホント参考程度にというものですけど、キャンプメーカー以外から探すのもソロキャンプの楽しみ方かなと思ったりもします。

 

是非自分だけのマイグラスを見つけて、美味い酒、美味いコーヒーなんかを飲んでキャンプを堪能してみてはいかがでしょうか♪

 

焚き火酒とマグカップ

 

 

ちなみに後で分かりましたけど僕が買った三笠のマグカップ、普通にネットで売られていましたw

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

★ブログランキング始めました★

応援クリック頂けると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

コメントは2件です

  1. フォル吉 より:

    いつもコッソリ拝見させていただいております。 いつも冷静な観察眼・分析眼の客観的な面と衝動的な面を楽しませていただいております。
    今回はマグカップを客観的な目で分析して面白かったです。 マグカップだけでなくいろいろなギアに通じる根本だと思います。 ブランドを批判するつもりは毛頭ないのですが。 冷静になれば「単に液体を飲むときの器」であり、本人が何を重要とするかですよね。 重量なのか?機能なのか?見た目なのか?ブランドなのか?値段なのか?
    私の場合、少しかさばりますけどビールやウィスキーを飲む場合はグラスを持っていく時があります。 この場合ガラス製のグラスだと割れてしまうので、100均の透明なプラスチックコップを持っていきます。 ビールやウィスキーを飲むときは色も楽しみたいのであえてこれです。 ランタンの光に浮かび上がるビールの色は涼しげですよ。 ウィスキーはさらに琥珀色を引き立たせてくれます。
    プラスチックはガラスより熱伝導も低いですから若干保温にもなりますし。 何より壊れても「100均」ですから。 ブランド=値段で優越感、満足される方もおられますが100円でも十分、いえ、もっと楽しめます。 お勧めです。

    あと、山購入はやめておいた方がいいですよ(笑)

    • 煌成 より:

      フォル吉さん、コメントありがとうございます。

      いつも自分なりの感想を書いているだけではありますけど、ブログを楽しんで頂けて何よりです!

      ビールやウィスキーが見える方がいいというのは確かにわかります。
      ステンレスやチタンのマグカップは中身が横から見えないのが、たまに気になる事はありますね。
      1度日本酒を呑む為に、敢えてガラスのショットグラスを持って行った事がありましたけど、雰囲気はいいですが持ち運びは気が気じゃなかったですw

      小物類は特にですけど、キャンプメーカーのギアを使うのもいいですし、自分なりに気に入ったギアを探してくるのも楽しいですよね。
      僕もマグカップを持って行くのが面倒な時は、セリアで買ったシェラカップでウィスキーを呑んだりしますし。
      最近では100均でもキャンプで使える物も増えていますし、いい意味で雑に使える手軽さもいいですよね!

      そして山林購入は・・・今の所予定はないですw

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報