キャンプ

雪中キャンプでペグダウンできない!?ペグが固定できない時の対処法は?

初の雪中ソロキャンプ

今年に入り、僕もようやく雪中キャンプを本格的に始めました。

 

元々YORIKIさんの動画やヒロシキャンプを見ていた影響もあってキャンプを始めた時から、いつか雪上キャンプをやってみたいと思っていたのは事実です!

 

 

山道のソロラーメンツーリング (7)

雪の上ってだけで、何かベテラン感出るもんね!

 

ダイワスカーレット

でもやってみると雪上キャンプって結構大変なんすよ(´・ω・`)

 

 

初めて雪中キャンプをした時は、まだ雪が少なかった方だったんですけど

 

初の雪中ソロキャンプ!スカートなしの軍幕で冬キャンプを決行してみた!

 

2回目の雪中キャンプは結構な雪の量で、今まで経験した事のないソロキャンプとなりました。

 

特に苦労したのが雪の上でのペグダウンです!

 

雪上でのペグダウンは色々とやり方があるそうですけど今回は雪も固い、地面も固いという悪条件の中、何とかテントのペグを固定する為に対処をしてきました!

 

スポンサーリンク

雪中キャンプで設営する為に必要な準備

2回目の雪中ソロキャンプ

 

雪中キャンプをする時は、まずは除雪から始めないといけません。

 

雪国の人間なら嫌という程知っていますけど、除雪ってホントめっちゃ大変なんです(´・ω・`)

 

しかも単にテントの大きさで除雪すればいいという訳ではないので、かなりの広範囲を除雪する必要があります。

 

2回目の雪中キャンプ

 

僕は基本ソロキャンプですが、例え1人分のサイトでも2m×2mは最低限除雪しないといけません。

 

これは使うテントによっては、さらに広く除雪する必要が出て来るので、もっと大変になりますね。

 

それをキャンプ前にやらなければいけないというのは、これは中々億劫になりますよ!

 

とはいえ除雪しないと設営が出来ないので、嫌でもやらなければいけませんw

 

なので雪中キャンプでは、スコップは必須になります!

 

 

ある程度スコップで除雪したら、次は雪を踏み固めていく作業が必要になります。

 

 

雪中キャンプの設営に必要なもの!雪を踏み固める道具があると便利?

 

足で踏み固める事も出来ますけど、かなり広い場合はスノーシューやかんじきがあると便利だと思います。

 

雪を踏み固めないと設営出来ないだけでなくて、キャンプ中の快適さにも影響してくるので面倒でもやる必要があります。

 

 

山道のソロラーメンツーリング (7)

雪を踏み固めるのって思ってる以上に大変ね...

 

ダイワスカーレット

これを毎回やれってなると、流石に嫌になるかもw

 

 

雪中キャンプでペグダウン出来ない時の対処法は?

 

除雪してサイトの雪を踏み固めたら、いよいよ設営に取り掛かる事ができます。

 

でも僕は、思わぬ事態に見舞われました

 

 

ペグが固定できない!?(; ・`д・´)

 

 

雪中キャンプだと、いくら除雪していても地面より少し高い位置からペグダウンする事になります。

 

なので地面にペグが深く刺さらないという事になってしまいます。

 

さらに積もった雪は、日が経てば経つほど水分を含んで固くなるので、ペグが雪に邪魔されて全然刺さって行かないという事にもなります。

 

雪上でペグダウン (1)

 

ペグがすぐにすっぽ抜けて、設営にかなり苦労しました!

 

おかげでポーランド軍のポンチョテントは上手くペグダウン出来ずに、ポールを立ててもすぐに倒れてしまう事態に

 

 

やっと立てれたポンチョテントも、少し傾いていますw

 

雪上でペグダウン (4)

 

いつもなら5分~10分あれば設営できるポンチョテントですけど、この時は20分以上掛かりました。

 

しかも見ての通り傾いていたので、この後さらに微調整していますw

 

 

雪でペグを埋めて固める


 

このままペグダウンしても固定できないと思ったので、この時に採った対処法がペグその物を雪で固めるというやり方でした。

 

雪上でペグダウン (2)

 

元は張り綱を使った方法で、張り綱で結んだペグを雪の下に埋めて固定するというやり方があります。

 

でもワンポールテントのように直接ペグダウンしないといけないテントだと出来ないので、

 

じゃあいっその事!

 

という事で直に雪で固めましたw

 

 

山道のソロラーメンツーリング (7)

張り綱使うの面倒なだけだったくせに!

 

 

ダイワスカーレット

いちいち余計な事言わないで!

 

 

雪を使った固定方法は、特に水分を含んだ雪は重さがかなりあるので、しっかりと手で抑えて固めればペグを固定する事は可能です!

 

思った以上に、テントをしっかりと固定する事ができます。

 

ただし!

 

天気が穏やかな時はいいですけど、強風の時はそのまま持って行かれる事もあるので、あくまで臨時の対処法として思っていた方がいいと思います。

 

寝る前までは大丈夫でしたけど、深夜に突風が吹いてペグが1つ抜けて大変な事になりました。

 

その時の雪中ソロキャンプの時です

 

ポーランド軍のポンチョテントで2度目の雪上ソロキャンプを敢行!

 

ワンポールテントのようにペグが無いと自立できないテントよりは、ドームテントのような自立型テントに向いている対処法かなと思います!

 

 

スポンサーリンク

雪中キャンプでも使いやすいペグは?

2回目の雪中ソロキャンプ (8)

 

本格的な雪中キャンプをやってみて思ったのは、ペグダウンはいつも通りには行かないという事でした。

 

まず雪の影響で地面まで距離があります。

 

さらに雪が固くなっていると、その雪を砕きながら地面までペグダウンする必要もあります。

 

そうなると強靭で長さもあるペグが必要になって来る訳です!

 

 

雪を砕く強度もあって地面まで届く長さもあるとなると、スノーピークのソリッドステークが有名ですね。

 

長さは30㎝前後あれば、雪上でも十分使えると思います!

 

 

そしてもう1つの鍛造ペグで村の鍛冶屋のエリッゼステークがありますけど、僕はエリッゼステークをメインで使っています

 

これも長さが選べるうえに、鍛造なので十分な強度があるペグです!

 

やっぱり鍛造ペグが1番?エリッゼステーク以外どんどん壊れていく!

 

しかもスノーピークのソリッドステークよりも安価に購入できるのも有難いですね♪

 

 

そして雪は刻一刻と状態が変化していくので、雪がフカフカで柔らかい時もあります。

 

そんな時はスノーペグを使う方がいいのかなと思います。

 

固い雪や地面には使えませんけど、面積があり弧を描いているので新雪の時はスノーペグの方がしっかりとグリップしてくれると思います!

 

普段使いも出来るので、スノーペグは持っておいてもいいのかなと思っていますね。

 

 

雪中キャンプでペグダウン出来ない時の対処法まとめ

 

これで完璧という方法ではないかもしれませんけど、ペグを雪で固めてしまうというやり方は意外と固定できますよ!

 

後は強風が吹かない事を祈るだけですw

 

 

山道のソロラーメンツーリング (7)

そもそもキャンプで1番嫌なのは強風だよね

 

 

ダイワスカーレット

個人的には雨や雪以上に強風は嫌っすね!

 

より安全に雪中キャンプを楽しむ為には、ペグもそれに見合った物を使うのも必要かもしれません!

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

★ブログランキング始めました★

応援クリック頂けると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報