ソロキャンプ

ソロキャンプで急な雨に降られた時の対策と必要な道具!

雨の中のソロキャンプ

キャンプに雨は付きものですよね。

 

もちろん最初から雨だと分かっていれば、中止にする事もソロキャンプであれば当日に決める事もできます。

 

ただキャンプ場に予約してある場合は、ちゃんと連絡をしてキャンセルをしないとダメですけど!

 

でも1人で自由なソロキャンプであれば、だれの気兼ねもなく雨でキャンプを中止にする事もできるんですが、

 

キャンプをやっていると天気予報通りに行かなかったり、夕立にあったりなどの急な雨に遭遇する事もあります。

 

やっぱり相手は自然なので予測できない事も当然ありますし、特に1人で全ての対処をしないといけないソロキャンプで、

 

急な雨が降られた時の対処や必要な道具について、僕なりにまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

ソロキャンプで急な雨への事前の対策と必要な道具

 

山にあるキャンプ場など、天候が変わりやすい場所だと天気予報を見ているだけでは中々予測出来ない事もあります。

 

なので天気予報が晴れでも、雨への対策は考えておいた方がいいですね。

 

まずはキャンプ道具での雨対策ですけど、やっぱりキャンプ道具での雨対策で1番頼りになるのが、テントとタープだと思います。

 

 

雨対策ならソロキャンプでも大きめのタープを使う

 

ソロキャンプだと、そこまで大きなタープは必要ないので、雨が降らなければ小さいタープでも十分ですよね。

 

それに1人だと大きなタープは片づけるのが、とにかく面倒です!

 

それでも雨が降った時は、大きなタープはやっぱり頼りになります。

 

僕は4×4のDDタープを使っていますけど

 

ソロキャンプで使うDDタープのサイズ4×4の大きさはデカ過ぎる!?

正直ソロだと大き過ぎる感が否めないですけど、雨の時はかなり重宝しますね。

 

雨が降った状態でも、ある程度の活動範囲を確保出来ますし、キャンプ道具も濡れにくくなります。

 

 

前室の広いテントを使う

 

ソロキャンプだと、タープを張らずにテントだけでキャンプをする事もあると思います。

 

正直ソロだと、テントもタープも張るのは面倒な時ってありますよねw

 

ただテントだけでソロキャンプをする場合でも、雨の可能性がある時は前室の広いテントだと雨が凌げて便利ですね。

 

前室のないテントだと、自分はテントの中に避難できますけど、大事なキャンプ道具がびしょ濡れになります。

 

僕はライダーズバイクインテントを持っていますけど、初卸しが雨のキャンプでしたw

 

DODライダーズバイクインテントを雨のキャンプで初使用してみての感想!

初めて使った時は、深夜に急な雨が降って来て一晩強烈な雨に打たれ続けましたけど、特に浸水する事もなく自分もキャンプギアも濡れずに済みました!

 

そして、このライダーズバイクインテントはワンタッチテントですけど、前室の広いテントなら組み立て式テントでも何でもいいと思います。

 

 

雨用の着替えを持参する

 

キャンプに行く時は、着替えは何着あってもいいと思います。

 

レインコートを持って行ってもいいんですけど、急な雨が降った時は、予期せぬ雨でレインコートを着る前に服がびしょ濡れなんて事もありますからね。

 

なので雨用として、着替えを多めに持って行くようにしてます。

 

もし寝る時用の着替えしかないと、後はびしょ濡れのままキャンプを続けるか、寝る時用の服でキャンプをしなければいけなくなってしまいます。

 

使うかは別として、雨用の着替えを下着も含めて一式テントや車内に置いておくと、急な雨に打たれてびしょ濡れになっても安心ですね。

 

 

ビニール袋を多めに持参する

 

ゴミ袋にもなるビニール袋は、もし雨が降って来て濡れた服を入れたり、濡れたキャンプギアを入れる袋に使えます。

 

あと地面が雨で濡れてしまって、キャンプ道具をそのまま置きたくない時もグランドシート代わりに使ったりもしますね。

 

ビニール袋は本当に何枚あっても困らないので、最低でも5枚は持って行くようにしてます!

 

スポンサーリンク

ソロキャンプ中に急な雨が降って来た時の対処法

 

ここまでは雨が降るかもしれないという事前の対策でしたけど、その時になって急な雨が降って来た場合の対処ですね。

 

何度も言いますけど本当キャンプ場って、いきなり雨が降ってくる事があります。

 

五位キャンプ場2

 

こんなに天気が良かったのに、夜になって土砂降りの雨に打たれた事もあります。

 

正直いつ雨が降ってもおかしくないと、事前に準備しておくのが1番の対処法だと思いますけど、

 

もし急な雨が降って来た時は、急いでタープを張る!これしかないかなと思うんですねw

 

でも1人でやらないといけない訳ですし、ソロキャンプに慣れていない時って結構大変です。

 

なので僕はキャンプに慣れるまでは、とにかくタープもテントも両方張るようにして、雨が降っても避難出来る場所を確保するようにしてました。

 

 

そして段々慣れてくると、タープも5分もあれば張れるようになってくるんですね。

 

1度ハンモック泊をしていた時なんですけど、その時はハンモックだけを張ってタープを張っていなかったんですが

 

園家山キャンプ場でソロキャンプ (6)

 

この後夕立にあって、慌ててタープを張りました。

 

ハンモック泊でタープ1

 

この時は5分も掛からなかったです。

 

ちなみにタープを張った途端に雨は止みましたw

 

まあ自然に振り回されるなんて、キャンプをしていたらしょっちゅうです;つД`)

 

そして短時間と云えど雨に打たれるので、先程も言いましたけど着替えがあると雨に打たれても気持ち的にも楽にタープを張れます!

 

 

あと僕が使っているDDタープは色んな張り方の出来るタープなんですけど、色々張り方を試している内に自分の得意な張り方も見えてきますね。

 

そんな色んな張り方の出来るタープは他にもありますけど、キャンプ毎に色々タープの張り方を試していくのも、ある意味では雨対策になるのかもしれません!

 

 

ソロキャンプで急な雨に打たれた時の対策まとめ

 

自然が相手のキャンプは、どうしても雨は避けられない時もあります。

 

結局は雨が降って来てからどうこうするよりも、雨が降って来てもいいように事前に準備しておくのが1番の雨対策なのかなと思います。

 

 

そして、もしキャンプ決行の日が雨だと分かっていたら、元々1人だし誰の気兼ねもなくキャンセルするのもありかなと思いますね。

 

不便を楽しむのもキャンプだと言われますけど、僕は雨の不便さは正直避けたいのです(´・ω・`)

 

まあ確かにタープやテントに当たる雨音を聞きながら、コーヒーやお酒を呑んでまったりノスタルジックな気分に浸るのも好きではあるんですけどねw

 

 

でも、もし雷がなる程の雨だったら普通に危険なので、管理棟や自分の車に避難するようにした方がいいと思います!

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

★ブログランキング始めました★

応援クリック頂けると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント

CAPTCHA


プロフィール

 

煌成(こうせい)といいます。

 

休日はYAMAHAのドラッグスター250に乗ってツーリングしたり、ジムニーに乗っての無骨なソロキャンプを楽しんでます。

 

2017年7月、色々と疲れてとにかく癒されたいと思っていた時に、それまで全く興味のなかったキャンプに突然ハマって、今ではすっかりキャンプ沼にどっぷり腰まで浸かってしまってます!

自由に無骨に、とにかく自己流でのソロキャンプが多いです。

 

そして平成最後の月、またもや全く興味のなかったバイクに突然ハマって、バイクの免許を取ったばかりの初心者ライダーですが、ドラッグスター250に乗ってのキャンプツーリングを目指します

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

カテゴリー
Twitter

Twitterを始めたので、よろしければフォローお願いします!

 

Twitterアカウントはこちら!

 

ドラッグスター要素はTwitterの方が多くなるかもw

 

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
                        

アウトドアランキング

タグ
これまでの更新履歴
メタ情報